読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TBS♪Tokyo Band Stalker

現実と妄想の区別があやふやと診断されましてね

俺す担じゃねーし、ポチ男担だし

 すばるんさんソロデビュー及び主演映画公開おめでとうございます。

 ときおじさんの事に特化したブログをせっかく立ち上げたのに、二つ目の記事でもうかんじゃにいさんに触れる龍石さんなのでありました。

 

 話を戻して、ソロシングルも買いましたし映画も日曜日に見てきました。

 ネタバレや考察は3/1予定の二回目を見てからにするとして、これだけは書いておきます。

 

 劇中で答えは「見えなかった」けれど「聞こえた」。

 

 CDやテレビでは「渋谷すばるソロデビュープロジェクトのひとつの完成形」として「記憶」という曲を聴きました。劇中歌である「ココロオドレバ」はともかく、「記憶」は映画全体を包括する主題歌であると同時に、「渋谷すばる」という「ロックアーティスト」*1の最強の持ち歌というのが映画を見る前のイメージでした。

 ところがどっこい、映画のエンドロールで流れた「記憶」は確かにポチ男さんの歌になっていました。その後私は確信致しました。「シングルの曲、全部ポチ男さんの歌じゃん」と。

 通常盤のみ収録の「乗っかりトレイン」と「護り歌」に関しては、まだすばるんさん本人の姿が透けて見えています。「記憶」と「ココロオドレバ」は完全にポチ男さんの曲と化しておりました。何故かを語ると映画のネタバレになりますのでもう少しの間お口チャックマンしておきます。

 そして最後に思った事は、「味園ユニバース」の世界観が大好きになってしまったという事。私はじゃにおたさんが言う所の「渋谷すばる担当」ではなくとも、「ポチ男担当」ではあるな(笑)という事。尚いつも「ひいき」しているのはTOKIO国分太一君(と、今年は関ジャニ∞村上信五さんも)ですがその話はまたおいおい。

 

 暫くあの映画で二次創作が書けそうです(本当は既に一作書きましたが完全に自己満足の世界なのでオンラインでの公開予定はありません)。

 あと味園ビルは建築にわかとしても気になる物件ですので、いつか聖地巡礼も行いたいですね。一人で行く勇気は無いので同行者常時募集中です。

*1:本人はあまのじゃくが一周して逆に「関ジャニ∞っていう、アイドルグループやってます!よろしく!」等とドリフェス辺りから言い始めたのがなんとも言い難いですが。私のスタンスとしてこう呼ばせて頂きます