TBS♪Tokyo Band Stalker

現実と妄想の区別があやふやと診断されましてね

TOKIO唯一の全編英語詞「More」を日本語訳してみた

注意書き

 

  1. TOKIOの「More」という、全編英語詞の曲を日本語訳してみました*1
  2. 歌詞を掲載する訳にはいかないので

    More - TOKIO - 歌詞 : 歌ネット

    を参考にどうぞ。
  3. ツアー期間中、ライブMC(個別挨拶)というシチュエーションでお楽しみ下さい。
  4. 途中途中に挟まる括弧書きは翻訳者の妄想です。実際の歌詞にはありません。
  5. もはや翻案レベルで意訳しており、文法も怪しいので添削して下さる優しい方を募集しております。コメント欄やTwitterよりコンタクトお待ちしております。
  6. 他のメンバーの過去発言を参考にした箇所があります。主に太一君の発言をお借りしました。

 

 パターン1:一番サビまで


 今だけちょっと、僕に喋らせてぇな。

 (メンバー客席を見回す。メンバーは黙ってにこにこ、客席は一部ひそひそしながらも固唾を呑んでリーダーを見守る)

 沈黙は肯定と受け取ってもええですね。

 (咳払い)

 目の前の皆さん、そしてこれからライブに来てくれる人達に伝えたい事があるので、

 僕の思いを心の中に留めておいて頂けたら幸いです。


 (客席拍手)

 

 今まで僕のバンド人生において、一体何回皆さんと巡り会えたでしょう?

 と言ってもライブ回数だけなら数え切れない程やってきました。

 でもこの会場の中に、もしかしたら今日が初参加という人もおるかも知れません。

 まぁ多分本当の答えは僕にも見当が付きません。

 ……そやから、いつか来る――僕らが音楽を届けられなくなるその日まで。

 

 もっと、今よりもっと

 僕らと会場の皆さんでひとつになる為に

 もっと、今よりもっと

 僕はその為の手段を持っとる(だから、応えたいんや)。

 もっと、もっともっと

 僕らの演奏に浸って下さい。

 (メンバーの方へくるっと振り向き)

 僕らが受け取ってきた物を手渡そう!

 (両手を広げられるだけ広げて)

 さぁ今までの人生の、出会いに感謝!

 

パターン2:二番サビまで


 「どんな悪い事にも良い半面がある」ということわざがあります。

 止まない雨が降る事も無くて。

 風にそよぐ木々の様に、しんどい瞬間には

 皆さんが僕の心を抱きしめとってくれる。

 反対に皆さんの心が悲しみの雲に覆われている時は、

 僕らが晴れた空を呼び戻し、進むべき道とこの言葉を授けるでしょう。

 「明日は明日の風が吹く

 捉え方なんて僕ら次第でどうとでも変わるんやから。

 

 だから、もっと更に

 会場の一体感が増す様に

 もっと、これまでより更に

 皆さんはどうしたら良いか、もう分かっとるでしょう。

 もっと、もっともっと

 僕らの出来る限りの熱を演奏から感じ取って下さい。 

 (拳を天に突き上げる)

 僕らが受け取ってきた物を手渡そう!

 (拳を開いて)

 さぁ僕らの今までの出会いに感謝!


 パターン3:間奏後(一曲分演奏に没頭した後のイメージ)


 ……せやから、僕らがTOKIOである限り

 ここにいる誰一人として欠けず、もっと

 皆でひとつの空間を作り上げる為に

 三十周年、四十周年とまた節目を迎えられる様に。

 皆さんもその鍵を握っています。

 もっと、これ以上ない程盛り上がって、

 僕らと熱気を共有して下さい。

 (再びメンバーの方へ振り向く)

 僕らが受け取ってきた物を皆に手渡そう!

 (メンバーそれぞれとアイコンタクトをしてから、客席に向き直る)

 さぁこれまでの人生の出会いに感謝!

 (深呼吸をひとつして、とびきり通る声で)

 でこぼこ人生からの経験で作り上げた僕らのバンドサウンド、

 一緒に楽しみましょう!We are TOKIO!

*1:2012年にリリースしたオリジナルアルバム「17」収録、作詞作曲は我らがリーダー。いや、城島先生