読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TBS♪Tokyo Band Stalker

現実と妄想の区別があやふやと診断されましてね

妄想トリビュート「JUST LIKE HONEY」(Jの事務所勢盤)

カスミ「ポチ男、大変や!スピッツのトリビュートアルバム第二弾が今年の12/23にリリースされるんやって!」

ポチ男「本人の新曲はまだかいな……」

カスミ「少しずつ作ってるんとちゃう?それより今度のトリビュートは2002年の『一期一会』と違って、一番売れた1995年のオリジナルアルバム『ハチミツ』をまるごと若手アーティストがカバーするコンセプトやねん。」

ポチ男「お前1995年って何歳やった?もう20年前やぞ。」

カスミ「……『味園ユニバース』英語版の説明文だとうちは2014年の時点で17歳らしいから…………生 ま れ て へ ん な 。」 

ポチ男「(絶句)」

 

 

sp.universal-music.co.jp

 妄想寸劇はおいといて、このニュースを知った時「スピッツ凄いな~」と純粋に思いました。普通の定番曲マイナー曲織り交ぜたトリビュートアルバムならまだしも、一枚のオリジナルアルバムだけを対象にしたカバーアルバムを作るという時点で結構珍しいのではと思われます。

 Jの事務所に置き換えるならば、かんじゃにいさんのアルバム「8UPPERS」に入っている全楽曲を他のグループがカバーしてくれるみたいなものですよ。

 「JUST LIKE HONEY」でどの曲をどのアーティストがカバーするのかは後日公式サイトで発表されますので、その前にじゃにおたとしては参加アーティストを全員Jの事務所の人々に置き換えて妄想してみますです。ただしときおじさんとかんじゃにいさん以外のグループは中途半端な知識しか持っていないので色々間違っていたらごめんなさい。

 

  1. ハチミツ/Sexy Zone
    アルバムリード曲。PVもあります(以下参照)。

    www.youtube.com


     リリース年が1995年という事で、同年かそれ以降に生まれたメンバーがいらっしゃるせくぞさんで聴いてみたいです。もちろん五人でお願いしますね。
     全体的には当時のスピッツのパブリックイメージ通りポップなアレンジを残しつつ、終盤で長い間奏が入ってくるのでそこは一人ずつフリーダンスしていくと面白そうです。
  2. 涙がキラリ☆/関ジャニ∞
     1995年七夕発売のシングル。

    www.youtube.com


     イズムアルバム発売時期頃のオリスタでNSKDさんが「生まれて初めて買ったCD」にこのシングルを挙げていましたので、是非ともNSKDさんメインボーカルのバンドモードでお願い申し上げます。
     あとジャムSHOWにスピッツを出してすばるんさんとメンバーが喋っている所を見せて下さい。セッションは「チェリー」(きみたか氏はトランペット)か「野生のポルカ」でお願いします。あとすばるんさんは是非「花鳥風月」の十二曲目をカバーして下さ(以下エンドレスで妄想する為省略)
  3. 歩き出せ、クローバー/Hey! Say! JUMP
     1995年に起こった出来事と言えば、阪神大震災地下鉄サリン事件。社会不安が世の中をヘンにしてしまったせいかJ-POPの世界で頭角を現したスピッツによる、「平和を願う曲」だと言われています。
     よく聴いてみるとジェット機の様なギターの音や「戦闘機」という、どきっとする様な表現も含まれているこの曲を是非若い世代代表のじゃぷんさん達に歌って頂けたら思います。自分達がキラキラアイドルパワーで世界を平和にしていくんだ!というつもりで(笑)普通にセカイ系ラブソングとしても捉えられる様に。
  4. ルナルナ/NEWS
     イントロを聴いて、この四人が「何も知らない蜂になれる~♪」と歌う様子がぱっと浮かびました。ちょっぴり艶やかなエッセンスの入ったこの曲が似合いそうだなと。
     「すぐに消えそうな白い花」はシゲアキ先生に、「羊の夜をビールで洗う」は是非スーツを着崩した小山さんに、「みだらで甘い悪の歌」はテゴマスのハモリでお願いします。「悪」は「h」の吐息込みで。
  5. 愛のことば/山下智久with風間俊介
     昔はシングル候補だったとか。その名残かアルバム曲ですがPVあります。

    www.youtube.com


     何故かざぽんて思いましたねそこのあなた。昨年夏クールに放送されていたドラマ「あすなろ三三七拍子」にかざぽんが大学生役で出演していて、ドラマの編成企画担当スタッフがこの曲を気に入って主題歌になったという繋がりがあります*1。ただかざぽんは役者班という事で、昔ほぼ同期だったらしいPさんにメインボーカルを努めて頂こうかと。声質も楽曲の雰囲気に合っていると思いますし。
  6. トンガリ'95/ジャニーズWEST or A.B.C-Z
     申し訳ございません。どちらのグループが良いか決められませんでした。
     勢いで歌って欲しいので、特にCD売れたいとギラギラしてそうな二組が候補です。初期のがつーんさんみたいな分かりやすい尖り方ではなく、シングルだけ聴いていたら分からないスピッツのロックな一面を見せるこの曲みたいに「普段は仲良しこよしだけどおれらもっと売れたいんだぜ」的な?
  7. あじさい通り/タッキー&翼
     歌謡曲ちっくなのはタキツバにお任せしようかと。
     曲ももっと歌謡曲寄りのアレンジにしつつ、二番で入ってくるグロッケンだか木琴の音は絶対残しておいて頂きたいです。間奏はシンメっぽいスローダンスで、アウトロは「Uh~~~~~♪」と言いながらだんだん遠ざかっていく感じ。
     ただしこの曲はフェードアウトと見せかけて小さくジャーンと言って終わるので、そこを上手に表現して下さると幸いです。
  8. ロビンソン/SMAP(草彅剛)
     最近つよぽんがギターをたしなむと聴いてこの曲をアコギで弾いて欲しいなと思いました。

    www.youtube.com


     何年もスピッツブリーダー(ファン)やってると最メジャー曲であるこれは飽きてくるんですけど、近年は一周回って「やっぱり名曲だな」と感じます。
  9. Y/KinKi Kids
     曲を聴く前からこの曲にはこの二人しかない、とすんなり歌割りまで思いつきました。出だしはつおしさんの哀愁漂う歌声で。「君に会うもう一度」位までつおしさんで、「強がるポーズがよく似てた二人は~」から光一さん。「や~が~て~」だけ一瞬ユニゾンになるけど、サビは必ずどちらかがコーラスに徹するけど「舞い降りる夜明けまで」だけ抜群のハモリを発揮して一瞬で世界にふたりぼっち感を演出するのが良さそう。
     この曲はトリビュート第一弾「一期一会」でGOING UNDER GROUNDがカバーしていたのですが、おきんきさんにはGOINGバージョンのぴこぴこ音をオルゴールとかもっと寂しそうな楽器に、原曲の間奏で鳴っているオーボエみたいな笛を二胡辺りに変えて歌も溜めに溜める感じのアレンジが良いかな。
  10. グラスホッパー/Kis-My-Ft2
     FNSうたの夏祭り2015で、何か結構ロック方面の格好いい曲を歌っていた気がするので(曲名は失念)、そのイメージからこの曲を歌ってみるのはいかがでしょうか。実はあけっぴろげにゑろいのが却って宜しい。
     「投げ捨てたハイヒール」辺りで全員一列になってメンバーカラーのツアーグッズを投げるパフォーマンスをすると面白そう。でも客席は阿鼻叫喚か。
  11. 君と暮らせたら/V6
     アルバムの締めにあたるこの曲は、円熟味ある表現が出来るぶいろっくさんに託します。サビの「かーわーいーいーとーしーつーきーをー」をトニセン、「きーみーとーくーらーせーたーらー」はカミセンで歌い分けて、最後「十五の頃のスキだらけの 僕に笑われて」を岡田さんソロ、「今日も眠りの世界へと 滑り落ちていく」を坂本さんソロで綺麗に締めくくって頂きたく存じます。
     困った、六人揃う場面が思いつかない。スピッツは基本的にマサムネさんがずっと一人で歌うからユニゾンが想像しづらいのです(^^;)
  12. 俺のすべて(Bonus Track)/TOKIO
     当時シングル「ロビンソン」のカップリング曲であり*2アルバム未収録ながらスピッツのライブ終盤には欠かせない盛り上げ曲という事で、「JUST LIKE HONEY」ではこの曲もカバーされる事になりました。
     夏フェスやライブでパブリックイメージを(視覚的にも)打ち破るこのロックチューン、やっぱりJの事務所で出来るのはバンドTOKIOしかいないでしょう!
     ライブ仕様も再現して、せとにゃんはタンバリン+ハンドマイク、ぐさまの代わりに太一君がキーボードブース飛び出してステージを駆け回る(ながーいコードを付けたショルキーを装備するとより再現出来る)まとーかさんによるワンツーカウントあり、リーダーは敢えてその場を動かずにひたすら格好いいフレーズを弾いていて下さい。アンコールとかで聴きたいですなあ。

     失業したので転職活動をする合間に自己満足の記事を書いて気分転換させて頂きました。異論反論ご意見ご自由にどうぞ。お粗末様でした。

*1:

19年前のアルバム曲がドラマ主題歌に!スピッツ『愛のことば』 - NAVER まとめ

*2:なんと当時はこちらがA面になる可能性もあったそうです。もしも「ロビンソン」ではなく「俺のすべて」がシングルA面として発売されていたら、というifはブリーダーが必ず通る道です。