TBS♪Tokyo Band Stalker

現実と妄想の区別があやふやと診断されましてね

誰の為のHEARTツアーDVD化だったのか

※この記事では特定グループのファンや各種マスメディアの扱い・既発映像作品に対する文句がありますが、決してグループに所属する本人達の人格や業績を否定する意思は無い事を前置きしておきます。

 

 

 

 

 来週にはときおじさんのCDシングルがリリースされます。一年半ぶりです。

 Mステ出演時にはPVで着用していたトレンチコートあるいはヒッピー(?)スタイルあるいはラッツ&スターかシャネルズ*1風のお揃いコスプレでいらっしゃるのでしょうね。その勢いでジャムSHOWにもゲスト来て欲しいのですがね。マッチさんみたいに一時間まるごとくれとは言いませんから。でもテロ朝はぬってれ程バンドTOKIOには興味無さそうですし、音楽方面のタレント力が足りなくて無理か……orz

 

 でもって十月が終わるとぶいろっくさんことV6のデビュー記念日が控えています。

 そうした節目の日、グループにえにしのある会場でアニバーサリーツアーの最終日が行われる予定である事は去年のときおじさんと同様です*2

 去年のぶどうぱんには後輩グループがお祝いに駆けつけて下さいました。

 ぶいろっくさんの記念日兼ツアー最終日が近づいてきたこの頃、 去年の様に後輩がゲストで来るのではという噂もあります。あくまでTwitterレベルの噂です。

  

10/23頃、一部のときおじさんファンの間で「ベテラングループのアニバーサリーライブに後輩がお祝いしに来る」事への是非が議論されていました。

 

 ベテラングループと後輩グループがどちらも好きなファンにとっては夢の様な時間。

 ベテラングループのみ好きだったファンは後輩本人の気持ちをありがたく受け取ったり「○○を生で見られるなんてラッキー!」とミーハー発揮しつつ、後日のエンタメニュースで後輩の扱いの方が大きくなる事については苦い顔。

 後輩グループのみのファンはおまけが本編。先輩のパフォーマンスも全力で楽しめる人はまだしも、その日の主役が誰か忘れていませんか?という人もたまに存在。

 どのグループにも色々なファンがいて色々な応援の形があって、それぞれ異なる形で抱えている熱がある事は理解しているつもりです。ましてやJの事務所勢で合宿所時代を経験した人々は最も上下関係意識が染み込まれていると過言ではないので、後輩達が先輩達を祝いたいという気持ちは疑いようのないものでしょうしある意味アウェーの空間に飛び込んできて下さった行動力にもその気持ちが存分に表れていた事と思います。初期衝動溢れる「JUMBO」でのステージ上にいる全員の暴れっぷりを会場で実際に見た私も楽しかったし←

 

 ただね。あの日のサプライズが見に行った人だけが見る事が出来た「夢」であったら、後々引きずる問題にはならなかったと思うのですよ。

 しかし実際のHEARTDVDでは「夢」かと思われていた部分が綺麗に残された結果、ファンは「現実」として残ると信じて疑わなかった部分ばかりが「夢」の領域に閉じ込められてしまいました。

 

 ここから本格的に文句たれる部分なので引き返すなら今ですよ。

 もう隠さなくても良いか。特にあらしっくだかあらしあんずだかの皆様はご注意を。

 

 

 

 

 

 バンドTOKIOのライブDVDなのにTOKIOファンが「もう見たくない」って思う映像作品を発売するとはどういう事ですかJ Stormさん。

 

 時々オフ会も一緒に参加する様になったTwitterでのフォロワーさんが発売直後に嘆いてました。それから半年後のオフ会でも「未だに見られない」との事。

 私は初めて購入した映像作品がHEARTDVDだったので、概ね楽しく見ています。でもトリプルアンコールの部分がワイドショーでもDVDでも無かった事にされたのは悲しかったですし、ぐさまが終盤で「歌を歌っているTOKIOってどうですか?」と優しく問いかける部分等もごっそり削られて勿体ないなぁと感じていました。

 改めて色々調べてみると編集内容にげんなりします。

  • 約3時間40分に及ぶライブの内、DVD収録は134分(DVDディスク容量の限界)
  • 安心と信頼のMC大量カット(カルトクイズ・ダブルアンコールでのメンバーの挨拶・一歩締め阻止してからのトリプルアンコールまるごと)
  • エンディングでモニターに映ったライブヒストリーをさかのぼる映像カット
  •  地方公演の内容全カット
  • せとにゃんの「ハート」前のMC一部カット(一位のくだり中心にカット)
  • メイキング?マルチアングル?そんな概念なぞ無い
  • 「リリック」前のせとにゃんとリーダーのギターセッションまるごとカット
  • バストアップショットの時に、大体見切れる手元(バンドだからこれ大事)
  • 尚お値段はDVDが約6500円、Blu-rayが約7000円
  • 一部のファンは「映像は二日目なのに本編の音声が一日目だから弾き方等にずれがある」と指摘

 上記の様に色々削られておりましたが、後輩一同(嵐から全員・生田斗真KAT-TUNから中丸雄一&上田竜也Hey! Say! JUMPから知念侑李&伊野尾慧、ふぉ~ゆ~から全員)がステージに大集合した「JUMBO」は前後のくだり含めノーカット。ここだけで10分か15分は使っています。そして「いっぷく!」チームとして前日参戦のまっすーはこの日は不在。ちょっとかわいそう。あとMCに名前だけ登場した村上さんもMCカットで「む」の字も出てこず*3

 尚、今回はDVDとBlu-rayの二種展開でしたがDVD初回盤のみ白黒蛇腹折りのブックレット付きで、初めてのBlu-rayだというのに収録内容はDVDと全く一緒。Blu-rayの方がお高いので、カットされていた残りの要素を収録して(カルトクイズはミトちゃんが司会してたのでそこはさすがに無理かな)ほぼ完全版みたいにしてくれたらと思いました。

 

 HEARTDVDの何が悪いって、本人達は何も悪くないのに編集の仕方やゲストの後輩の顔ぶれから大人の事情が漂ってくる所なのです。

 ゲストの顔ぶれでさえライブ当日にすぐ気付きました。役者班のとーま氏とジュニア代表のふぉ~ゆ~を除くと、全員J Stormの所属でした(公式サイト確認済み)。

 

 後輩達は終演後翌朝の生放送に備えて帰宅する本人達をよそに皆で食事したそうですが、ここにはゲストとして登場しなかった人もいました。

 実は波留さんゲストの「ジャニ勉」にて、HEARTツアー最終日の公演終了後に後輩達でごはんを食べた集まりに村上さんが参加した時の話をしています。波留さんと仲良しの芸能人であるかざぽんこと風間俊介さんは周囲が焼酎やビールを飲む中、一人ウイスキーを飲んでいたとの事。あれ?かざぽんや村上さんがそこにいたという事は「JUMBO」の時実は裏で控えていたなんてオチは……無いですよね???村上さんはレコード会社がインフィニティだから出てこられなかったなんて裏事情は無いと信じたいですね……

 

 2014/11/02の公演をディスクで発売したのは2015/01/28。ツアー終了から一年は余裕で待たされるスピッツさんを思えば「逆に何でそんな早く出せるんだ!」と逆に疑問でしたが、不満が多く残る内容で発売する位ならリリース遅れてでも作り込めよというのが個人的見解です。最速でも三月だと思っていた私が通りますよ。

 音楽的な意味で名作と誉れ高い1718と同じディレクターさんが編集手がけてる筈なのに、どうしてこうなった。

 

 ツアー終了後のワイドショーでお祝いに来た後輩達の扱いの方が良かった事については、「ときおじさんのタレント力は所詮そんなものだよね、音楽活動するだけで多分赤字だし」と自分に言い聞かせてやり過ごせました。おそらくあらちさんの売り上げでときおじさんの赤字を補っているでしょうし(´・ω・`)

 でも本来バンドTOKIOファンに向けてリリースされていた筈のライブDVDというれっきとした自分達の作品にまで、世間の基準に合わせた優遇の仕方にする必要は果たしてあったのでしょうか。

 仮にもバンドTOKIOはキャリア二十年ある訳で、メンバーが拘るポイントやファンが見たい所をないがしろにしてまで売り上げ・多数派(後輩まるごとを指します)重視で発売した(様に見えてしまう)HEARTDVDは誰の為に存在する映像作品なのでしょうか。

 入門編に位置する作品は「その作品が原点になるファン」が多く見込まれるからこそ新規層を取り込める要素を沢山用意せねばならないけれど、だからこそ古くからのファンを置いてけぼりにしない工夫も必要です。その点今回は古参どころかバンドTOKIOファン自体がトリプルアンコールの一丁締め阻止合戦を無かったことにされて置いてけぼり食らってます。

 

 以上の点からHEARTDVDに関しては、「お祭り要素と後輩ファンに極力配慮した入門編」という位置づけであると定義させて頂きます。

 また、HEARTベスト収録曲の内「17」収録曲が今回演奏されていないので、「1718」と「HEART」二枚一組でベスト収録曲をカバー出来るかと*4

 

 

 最後に「あらちさんがゲストに来るかも知れない」という理由でぶいろっくさんのライブ参戦を狙っている方へ。

 例え本心ではあらしっくだかあらしあんずであったとしても、その日は家に帰るまでぶいろっくさんのファンになりきる事をお勧めします。

 無用な争いを避けあらちさんが来なかったからといって落ち込まずに済みますし、もしかしたら本当にぶいろっくさんのファンになれるかも知れませんし。

 何より好きな物事が多い方が人生楽しいと思いますしね!

 

 それでは、最後までご静聴ありがとうございました。

 

 

 

 ↓件のHEARTDVD。バンドTOKIOファンだからこそ感じる物足りなさはあるものの、彼らを本気で農家だと思っている人には十分インパクトを与えられると思います。

tower.jp

*1:よく分からないよい子の皆は「鈴木雅之」で検索してみよう♪

*2:V6→11/1デビュー記念日@代々木第一体育館TOKIO→11/2ファーストツアー最終日@日本武道館

*3:会場がぶどうぱんという縁で24hTVの話あり。

*4:くれぐれもNaMaKo事件にはお気を付け下さいませ