TBS♪Tokyo Band Stalker

TOKIOからもらいたい最高のファンサービスはライブ演奏です

聴ける様になったTOKIO楽曲一覧(2018/07/02現在)

 明日から仕事なんだから寝ろって話ではありますが。

 前回から一か月経ってますし、ここらでレポートを書きます(ポケモン?)

 

 

  1. AMBITIOUS JAPAN!!
  2. リリック(はらちゃんEDサイズ)
  3. 路傍の花
  4. どいつもこいつも
  5. メッセージ
  6. カンパイ!!
  7. DR
  8. 花唄
 
 鋭い方は途中でお気付きになったかと思いますが、6/16にLPICの101試験を受けた帰りに新宿のタワレコで「5 ROUND」を買ってきました。五曲入りだから、5ROUNDなのですね。
 ちなみに試験は合格しました。続く102試験も突破して、早くLPICレベル1保持者になりたいですん。
 
 今回泣いたのはYouTubeの鉄道PVで「花唄」を見た時です。あの事件を想起させる歌詞の部分は辛いっちゃ辛いですが、そこを乗り越えれば純粋に「あー良い曲だな」って思えました。多分カラオケでこれからも歌います。作った人は悪くない!元々歌詞が底抜けに明るいのではなく、カラッと毒の粉も混じっている所が魅力的なので今更ひとつ意味の重しが乗せられた所でこの曲は潰れる様なヤワな曲ではありませんでした。
 ただ、例の部分に辿り着くと或いはその前にフラッシュバック的な症状が出たりしてしまう人は無理して聴かずに自分の身体を労って下さい。私もいつどうなるか分かりませんので。それよりスキマスイッチの「全力少年」をアラサーになって聴く方が今は現状に刺さっています。そんな奴のざーれごとっ♪は適度に聞き流しましょう。
 
 
 さて、注意喚起は出しましたので次書くブログ記事の予告をします。
 TOKIOPV感想シリーズ、再開します。結果的にソニー時代で中断しておりますので、ユニバ時代の5 ROUND三部作はDVD収録曲と完全一致させた内容でお送り致します。
 五人体制が完全に死んで四人でも再開するのかどうかすら不透明な状況でトラウマ持ちの方を刺激しかねないとは分かっておりますが、私自身TOKIOの音楽とどう向き合うべきか未だ頭を痛めており感情を整理したい為です。気軽にTOKIOの音楽をオヌヌメ出来ない空気ですが、今まで結局音楽だけは嫌いになれなかったので「自分が勝手に好きでいる」という意思表示だけ残させて頂けないでしょうか。
 
 五人時代を過去にする(出来るかどうかの確約が出来ず申し訳ございませんが)作業だけでも許可を頂けないでしょうか。
 何卒宜しくお願い致します。